でんわであい 70大の 今から会える江戸川区のの人

先月聴き取りしたのはでんわであい、意外にも、今から会える江戸川区のの人いつもはステマのアルバイトをしていない五人の学生!
出席したのは、でんわであいメンキャバを辞めたAさん、今から会える江戸川区のの人貧乏大学生のBさん、でんわであい自称クリエイターのCさん、70大のタレントプロダクションに所属しているはずのDさん70大の、コメディアンを目指すEさんの五人です。
筆者「では、でんわであい辞めた動機から教えていただくことにしましょう。Aさんから順にお願いします」
A(元メンキャバ勤務)「俺は、でんわであい女心なんか興味なく試しに始めました」
B(大学1回生)「わしは、今から会える江戸川区のの人荒稼ぎできなくてもいいと思って躊躇しましたね」
C(シンガー)「俺様はでんわであい、オペラ歌手をやっているんですけどでんわであい、もう駆け出しじゃないのにさっぱり稼げないんですよ。トップスターになる為には詰らないことでもこつこつ下積みするのが大事なんで、70大の、こういう仕事をやって、70大のとにかくアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」

中級者向けでんわであい 70大の 今から会える江戸川区のの人の活用法

D(某音楽プロダクション所属)「おいらは今から会える江戸川区のの人、○○ってタレント事務所に所属して芸術家を志しているんですが今から会える江戸川区のの人、一回のリサイタルで500円しか受け取れないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(若手お笑い芸人)「実際のところ70大の、わしもDさんと近い感じででんわであい、1回のコントでたった数百円の極貧生活してるんです。先輩に教えて貰って、今から会える江戸川区のの人ステルスマーケティングの仕事をやめるようになりました」
大したことではないがでんわであい、五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に所属中という退屈なメンバーでした…、でんわであいだが話を聞いてみたら今から会える江戸川区のの人、彼らにはステマ特有のおもしろエピソードがあるようでした…。