めーる 男が喜ばせる 尼崎ギャル

質問者「もしやめーる、芸能人で売り出し前の人って、めーるサクラを仕事にしている人が多いのですか?」
E(とある有名人)「そうだと言いますね。サクラで生計を立てるって、めーるシフト割と自由だし男が喜ばせる、僕みたいな、男が喜ばせる急にいい話がくるような生活の人種には最高なんですよ。読めない空き時間にできるし、男が喜ばせるめったにできない経験の一つになるし…」
C(某現役アーティスト)「経験になるよね、男が喜ばせる女性としてやりとりをするのは一苦労だけどこっちは男目線だから、男が喜ばせる自分が言ってほしいことを相手に送ればいい訳だしめーる、男心はお見通しだから男も簡単にのせられてしまうんですよね」

不思議の国のめーる 男が喜ばせる 尼崎ギャル

A(メンキャバ勤めの男)「意外な話、男が喜ばせる女性がサクラをやっていても男の心がわかってないからはっきり言って下手っすよね」
ライター「女性のサクラより、男が喜ばせる男性がサクラをやる方が優れているのですか?」
D(芸能関係者)「えぇ、男が喜ばせるそうです。優秀な成績を残しているのは大体男性です。しかし、男が喜ばせる僕は女性のキャラクターを作るのが上手じゃないので、尼崎ギャルいっつもこっぴどく叱られてます…」
E(某有名芸人)「もともとめーる、ほら吹きが成功する世の中ですからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…俺も骨を折っているんです」

めーる 男が喜ばせる 尼崎ギャルを知らない子供たち

ライター「女性になりきって作っていくのもめーる、想像以上に苦労するんですね…」
女性キャラクターである人の演じ方についての話が止まらない彼女ら。
そんな話の中でめーる、あるコメントをきっかけとして、めーる自らアーティストであるというCさんに好奇心が集まりました。