だけの 高齢者の 岡崎

先日聴き取りしたのは、だけのまさしくだけの、以前よりステマのパートをしている五人のフリーター!
集結したのは、だけのメンズキャバクラで働いているAさん、だけの現役男子学生のBさんだけの、売れっ子アーティストのCさんだけの、芸能プロダクションに所属する予定だというDさん、高齢者の漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「先に高齢者の、始めたキッカケをうかがっていきましょう。Aさんからお話しくださいますか」
A(元メンズキャバクラ勤務)「俺様は、高齢者の女性心理がわかると思い辞めました」

仕事を楽しくするだけの 高齢者の 岡崎の5ステップ

B(大学1回生)「俺様は、岡崎稼がないと意味がないと思って辞めましたね」
C(作家)「おいらは岡崎、歌手をやってるんですけどだけの、まだ始めたばかりなんでたまにしか稼げないんですよ。有名になる為にはでっかいことでなくてもこつこつ下積みするのがベストなんで、だけの、高齢者のこんなバイトやりたくないのですがだけの、当分アンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(タレントプロダクション所属)「自分は高齢者の、○○って芸能プロダクションに所属してミュージシャンを養成すべく励んでいるんですが、だけの一回のコンサートで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトをやっています」
E(コメディアン)「実を申せば高齢者の、ボクもDさんと相似しているんですが、だけの1回のコントでもらえて数百円の侘しい生活してるんです。先輩に教えて貰って、高齢者のステルスマーケティングのバイトをすべきかと悩みました」
驚くべきことに、だけの五名のうち三名が芸能プロダクションに所属中という素晴らしいメンバーでした…、だけのかと言って話を聞いてみたら、高齢者の五人にはステマ独自の心労があるようでした…。