暇人 えむこむゅ 鳥栖市

ライター「ひょっとして、暇人芸能人の世界で下積み中の人って、鳥栖市サクラでお金を貯めている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某業界人)「そうだと聞いています。サクラのお金稼ぎって、えむこむゅシフト割と自由だし、えむこむゅ我々のような暇人、急にオファーがきたりするような仕事の人には適職と言えるんですよ。予測不可の空き時間にできるし、えむこむゅ貴重な経験の一つになるし…」
C(某アーティスト)「貴重な経験になるよね、暇人女として接するのは難しいけど我々は男性だから暇人、自分の立場から言われたいことを相手に伝えればいい訳だし、暇人男性心理はお見通しだから、暇人男性もやすやすとのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ働き)「逆に言えるが暇人、女でサクラの人は男性客の心理がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
著者「女性のサクラより暇人、男性のサクラのに比べて優れているのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「そうです。優秀な結果を残しているのは大体男性です。とはいえ、暇人僕なんかは女の役を作るのが下手くそなんで、えむこむゅいつも目くじらを立てられてます…」

そんな暇人 えむこむゅ 鳥栖市で大丈夫か?

E(芸人の一人)「もともとえむこむゅ、ほら吹きが成功するのがこの世界とも言えますからね…。女の子になりきるのが大変で…僕も苦労してます」
筆者「女性の役を成りきり続けるのもえむこむゅ、想像以上に大変なんですね…」
女の人格のやり方に関しての話で盛り上がる彼女ら。
その話の中で、暇人ある言葉を皮切りに、えむこむゅアーティストと自称するCさんに関心が集まったのです。