鳴門の 出会い系書き込み

ライター「もしかして鳴門の、芸能人で下積み中の人って鳴門の、サクラで生活費をまかなっている人が多いのですか?」
E(とある芸人)「はい鳴門の、そうですね。サクラの仕事内容って出会い系書き込み、シフト融通が利くし鳴門の、俺たちみたいな、鳴門の急にライブのが入ったりするようなタイプの人には必要な仕事なんですよ。イレギュラーな空き時間にできるし経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「なかなかできない経験になるよね、出会い系書き込み女性としてコミュニケーションを図るのは苦労もするけど俺らは男目線だから鳴門の、自分の立場から言われたいことを相手に話せばいい訳だし、鳴門の男の気持ちをわかっているから、出会い系書き込み男性もやすやすと食いつくんですよね」
A(メンキャバ労働者)「かえって、鳴門の女性がサクラをやっていても男性客の心がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」

そんな鳴門の 出会い系書き込みで大丈夫か?

筆者「女性のサクラ以上に出会い系書き込み、男のサクラの方がよりよい成績を納めるのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「そうとも言えますね。優れた成績を残しているのは大体男性です。だけど、鳴門の僕なんかは女性キャラクターを作るのが下手っぴなんで、出会い系書き込みいっつも激怒されてます…」
E(某有名芸人)「最初から、鳴門の嘘吐きがのしあがる世の中ですからね…。女性を演じるのが大変で…僕も苦労してます」
ライター「女性の役を成りきるのも、出会い系書き込み色々と大変なんですね…」
女性の人格のどうやってだましとおすかの話で盛り上がる彼女ら。
その中で出会い系書き込み、ある発言をきっかけに、出会い系書き込みアーティストを名乗るCさんに注意が集まったのです。